岩手県高等学校教職員組合

〒020-0883 岩手県盛岡市志家町11-13(岩手県高校教育会館内) 電話 019-624-5227 ファックス 019-653-2285

> インフォメーション一覧へ

地域と教育を考える県民フォーラム2020

2020年02月02日


パネルディスカッションの様子

役重さんの講演の様子

高校再編連絡会議(岩手県教職員組合・岩手県高等学校教職員組合・自治労岩手県本部)は、2月2日に「地域と教育を考える県民フォーラム2020」を開催しました。約300人の来場者がありました。
第一部は「地域の豊かさにまなぶ」と題して、岩手県立大学総合政策学部講師の役重眞喜子さんが、千葉県出身で田舎には全く縁のなかったご自身が、農水省を退職して東和町に移り住み、「本家のヨメ」として体験した濃い地域とのつながり、人口減少の局面に入った日本社会のあり方についての考え、地方創生を研究テーマに全国規模でフィールドワークを展開している活動の様子などが話されました。
第二部はパネルディスカッションでした。コーディネーターは岩手日報社の遠藤泉さん、パネリストは、松永充信さん(岩泉地域づくり支援協議会復興支援員)、鈴木寛太さん(大迫地域集落支援員)、八重樫千晶さん(中学校教員・岩教組中央副執行委員長)、役重眞喜子さん(講師)の4人で、他県から岩手に移住して岩手の魅力を感じながら仕事をしている松永さん、鈴木さん、役重さんと、岩手県出身で中学校教員として、「岩手は何もない。」と話す中学生と接しながら、教育活動をとおしてそれまでと違う岩手の見方を見つけていきたいと話す八重樫さんの、四者それぞれの体験からの貴重なお話でした。それまで気づかなかった岩手や地域の教育のことを学んだフォーラムとなりました。

> インフォメーション一覧へ